ブログ

『美しい会社の辞め方』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『美しい会社の辞め方』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

クライアント先の新入社員研修の中で、
「会社の辞め方」について話をすることがあります。

いきなり新入社員研修で、
「辞め方」を講義するというのは、
不謹慎だと思う人もいるでしょう。

新入社員で入社した会社へ定年65歳まで勤め上げる人は
何%いるでしょうか?

ほとんどの場合、様々な事情で
一つの会社で最後まで勤め上げることは稀です。

ですから誰しも「退職」という機会を経験するのです。

問題は退職の仕方です。

退職は止めないけれど、
美しい辞め方をしてほしいと思います。

美しくない辞め方の具体例です。

・急に翌日から音信不通で出社しなくなる

・あることないことSNSで会社の不満をぶちまける

・弁護士をチラつかせ会社を訴えて脅し、
 金銭的な譲歩を引き出そうとする

・後任や引き継ぎを一切配慮しないで、
 辞めたい日に辞める

・退職代行会社を入れて、本人と話ができない

もちろん会社側に原因がある場合もあるので、
一概には言えません。

ちなみに私は会社を辞めるときに
半年前に上司へ伝えました。

半年間で後任を育て、
ダメージが出ないように注意しました。

上司からは、感謝をされました。
そしてその後も関係は続いています。

「アイツの辞め方は最悪」と言われた方が
次の職場で活躍されている話を聞きません。

辞め方はその人の「人柄」を表します。

あなたがお世話になった人がいる、
好きな仲間が一人でもいる職場ならば、
その人のためにも配慮をして辞めるべきでしょう。

好きな人、お世話になった人へ、
迷惑をかけないようにするのは
人間のマナーではないでしょうか。

汚い辞め方は、
あなたの人生で借金をするようなもの。

借金をせずに美しく辞めましょう。

『楽しさか? 自立か?』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『楽しさか? 自立か?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

以前スタッフから質問を受けたことがあります。

「うちのグループホームは、
楽しさと自立とどちらに重きを置きますか?」

そういう対立軸で分類するのか…とも思いました。

彼が言いたいことは下記のとおりです。

楽しさ:生活の場なので、安心で楽しく過ごせることを
一番の目的とする。

自立:利用者が自分が望む自立に向かって、
必要な支援をすることが一番の目的とする。

「楽しさ」ばかり重視していたら、
「自立」した生活を送れる日が来ない。
でも生活基盤なので、安心・平穏がないといけない。

「自立」を重視すると、
利用者本人としてはできないことと向き合っていくので
辛いこともある。訓練に近いと感じることもあるかもしれない。。
ホームでありながら、気持ちが落ち着かない。

おそらくこういったことが言いたかったと
推測します。

結論から言えばどちらも必要かと思います。

ただ順番をつけるならばグループ“ホーム”と
いうくらいですから、
「楽しさ」「安心・平穏」を第一に置くことが
優先されると考えます。

「自立」支援というくらいだから、
「自立」を重視して利用者と接してしまう方も
いるかもしれません。

でもそれは長い目で見る必要があるし、
土台が安定してこと実現可能なものです。

当グループホームでは、
まずは「安心・平穏」「楽しさ」の土台を
作ることを第一優先にしたいと考えています。

『近所の理解って何ですか?』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『近所の理解って何ですか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

不動産仲介の会社の方の感覚値では、
以前よりもグループホーム用途で既存物件を借りることが
難しくなっているとのことでした。

断られる割合が圧倒的に増えたとのことです。

グループホームを推進している東京都へも
苦情の電話が増えているとのことでした。

「勝手にうちの近所に障害者の住居を作るな」と。

そのため以前にも増して、

「近所の理解は得られているのか?」と確認を受けます。

近所ってどこまでを指しているのか?

理解といわれても、一人でもNOと言われたら
説得しないといけないのか?

近所トラブルで開設が6ヶ月も延期されたり、
中止になった例も過去あります。

相変わらず福祉は大事な事業ではあるが
うちの近所ではやるな!という発想は根強いですね。

多様性ある社会って、
いつになったら実現できるのでしょう…。

偏見や過去のイメージで福祉を見ている人は、
実際の姿を見てほしいなと思います。

『ヘルプカードのトラブル』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『ヘルプカードのトラブル』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

電車やバスを利用していて、
ヘルプカードをつけている方を見かけるようになりました。

もともとの目的は、外見から分からなくても
援助や配慮を必要としている方々が、
周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、
援助を得やすくするためです。

ヘルプカードの取得はそんなに難しくないそうで、
簡単に手に入る自治体もあるそうです。

ですので悪用されてしまうケースもあると聞きます。

こんな記事が先日出ていました。

→https://news.livedoor.com/article/detail/17075933/

「このカードが見えねぇのかよ!」と怒鳴る男性の声。
おそらく私もそこにいたらビックリするでしょう。

この男性がどういった人物なのかは、
接点がないので詳細のコメントはできません。

ただこういった記事を見ることで、
少数の方の行為により、
イメージが悪くなることは避けられません。

彼は、

「ヘルプカードを自分を持っている。
なぜ席を譲らないんだ」

と思って、感情的になったのかもしれません。

しかし正確に言えば、
席を譲らないといけないというルールはありません。

意図していることは「配慮」の推奨です。
席をゆずるというのは選択肢の一つなのです。

ヘルプカードを使って加害者になってしまう。
こういったケースが増えないことを願いたいと思います。

“お互いに様”の精神を忘れずに。

『価値をうまない“こだわり”を他人に押し付けるな』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『価値をうまない“こだわり”を他人に押し付けるな』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

先日、他の障害者グループホームで働かれている
スタッフから相談を受けました。

世話人が3名+管理者1名(40代男性)が
いらっしゃるようです。

Aさんは60代女性で、世話人経験は5年程度。
Bさんは70代女性で、世話人経験は4年程度。
40代の女性Cさんは、世話人経験はわずか半年。
40代の男性Dさんは、世話人経験は3年程度。

管理者は赴任してまだ6ヶ月です。

この4人+1人でグループホームを運営されています。

困っているのがAさんとBさんのこだわり。
二人はホームの中で経験が長い。
そのためCさんへ自分のやり方を押し付けるそうです。

Cさんは異なる二人のやり方を押し付けられるため、
息苦しい状況。

Cさんの前で、AさんはBさんのやり方を批判し、
BさんはAさんのやり方を批判する。

一度話し合いの場を持ったそうですが、
Aさん、Bさん、共に自分のやり方が最も良いと
主張して、結論が出なかったそうです。

一歩引いてみれば、利用者にとって
何がいいのかの視点が抜けています。

お互いのやり方を主張し続ける。
なんて無駄なことにエネルギーを使っているのかと
虚しくなったそうです。

経験が長いことは良い点もありますが
問題点も出てきます。

自分のやり方に固執してしまい、
自分のやり方がベストだと思いこんでしまう。

さらには相手にそのとおりやるように求めてしまい、
やらなければ批判してしまう人も出てきます。

つまり自分にも他人にも
「柔軟性」がなくなっていくんですね。

定年を60歳から65歳へ、
そして70歳まで伸びていく会社も出てきます。

そういった中、企業が雇用を続けたいシニアは、
「柔軟性」がある人なんです。

「柔軟性」がなければ、
その人達をまとめる年下のマネージャは
心労がたたります。

その「こだわり」は価値があるのか?

「柔軟性」を持って自分と他人を見て頂きたいものです。