運営・経営

『程よい距離感がベスト』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『程よい距離感がベスト』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

グループホームは、
複数の利用者が同じ屋根の下で長い時間暮らします。

ですから各利用者の長所だけではなく、
短所まで見えてきます。

職員は当然、長所と短所に把握しながら
支援の仕方に反映させるのは当然のことです。

しかし難しいのは、
利用者同士の人間関係です。

様々なことがきっかけで、口論が起きたり、
互いに態度で表明したりします。

本人に悪気はないのですが、
タイプ的には「世話焼き」の方が
他者と衝突することが多いように感じます。

「洗濯は〇〇したほうがいいよ」

「掃除は○○したほういいよ」

「ルールで決まっているんだから
 〇〇しないとダメだよ」

「Aさん、〇〇してください。
 もう時間ですよ」

本人の意図としては、
良かれと思って助言しているようです。

しかし言われている利用者は
「指示」「注意」と受け止めている。

すると世話焼きの利用者のことが
苦手になっていく。

他人に関心があることは
決して悪いことではないのですが、
相手が「干渉される」と思ってしまえば、
迷惑でしかない。

利用者同士を
“程より距離感”にできないか。

運営者の悩み所です。

『入院は経営リスクに繋がる』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『入院は経営リスクに繋がる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

自社では知的障害の方がメインですが、
精神障害の方を対象にしているホームもあります。

そのホームの管理者をしている方が
利用者の「入院」について悩まれていました。

「精神障害を持っている利用者のAさんは、
 だいたい3ヶ月に1回くらいの頻度で、
 約1~2ヶ月程度、精神科へ入院をすることを
 繰り返しているんです」

「過去の記録をみても、
 季節が変わるタイミングくらいに調子を崩す。
 担当ドクターの診察を受けると、
 “では入院して落ち着きを取り戻しましょう”と
 言われることが多い」

ここ数年間は、
体調を崩すと入院。退院してグループホームへと
サイクルを繰り返しているとのことでした。

利用者の健康面や精神的な安心を考えれば、
懸命な判断かと思います。

一方で運営者側は収支上では厳しくなります。

「支援を提供するから報酬が出る」という原則がありますので、
入院している=グループホーム側は支援をしていないということになります。

入院中も空き部屋のまま運営することになります。

入院時の加算もありますが、
微々たるもので、充足できません。

このグループホームでは、懐事情として
Aさんが入院する期間は赤字になってしまうそうです。

Aさんの入院が決まると、
「正直、胃が痛い」とおっしゃっていました。

心情的にAさんが返ってくる場所を
なくすわけにもいきません。
退院後の行き先がなくなってしまうので…。

特に解決策があるわけではありませんが、
福祉と経営を成り立たせるには、
常に難しさがあります。

『障害支援区分≒支援の難易度』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『障害支援区分≒支援の難易度』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

利用者がグループホームを利用するにあたり、
多くの場合、障害支援区分の認定を受けます。

一次判定と二次判定を経て
決定されるようです。

身体介助関係、日常生活介助関係、
行動障害関係などの項目から評価されて、
決定されます。

「障害支援区分が高い=スタッフの支援が困難」と
考えられがちです。

しかし、スタッフ目線でいうと必ずしも
「障害支援区分が高い=支援が困難」
とも限りません。

かえって
「障害区分が利用者の方が支援が困難」
という声も聞くときがあります。

おそらく本人としては“自分ひとりでできる”と
思っているが、周りから見れば“自立自走は困難”と
判断され、ギャップが埋まらない。

本人のプライドを傷つけずに
そのギャップをいかに埋めるかに
苦労されるのだと思います。

ですから障害支援区分は、絶対的な数値ではなく、
あくまでもバロメーターとして
見るくらいにしたほうがいいでしょう。

『お客様は目の前の利用者だけではない』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『お客様は目の前の利用者だけではない』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

お客様は誰なのか、事業によって異なるでしょう。

様々な業界に経営者の友人がいますが、
お客様が誰なのか、間違えてはいけません。

例えば塾や幼児教室、子供の習い事など…。

半分は子供がお客様ですが
半分は親がお客様です。

子供が満足しても親が満足しなければ、
サービス利用は続かない。

「なんでうちの子だけ○○なんですか?」

「うちの子だけ厳しく注意を受けたといいますが
 なぜですか?」

「うちの子だけ差別をされている」

運営側が予想していない親の声が届くことがあります。

誤解である事が多いのですが、
やはり親は子供の話をまずは信じますよね。

私も子供の話をまずは信じます。

でも子供のフィルターがかかった話に
転換されていないかに注意はしますが…。

子供の話を聞き、
それが事実かと思い込んでしまうのは
仕方ないかもしれません。

高齢者関連施設でも同様。

施設に入っている利用者の話が歪曲されて
家族に伝わることがあります。

障害者関連施設でも同様。

グループホームに住む利用者の話が歪曲されて
家族に伝わっていることもある。

ご家族から見て信頼できる施設なのか、
絶対的に信頼するスタッフがいるのか。

この条件が整っているかどうかで、
その後の展開は変わっていくでしょう。

利用者と利用者の家族、
どちらとも信頼を積み上げていかないといけませんね。

『誰しも自分に甘く、他人に厳しい』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『誰しも自分に甘く、他人に厳しい』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

私達が想像している以上に、
利用者さんは世話人の仕事ぶりを
よく見ていたりします。

「世話人Aさんは、
ハンバークを焦がしたことがある。
しかも味が薄い」

「世話人Bさんは、トイレ掃除が雑。
他のスタッフに比べると
掃除が行き届いていない」

「世話人Cさんは週明け出勤日には
機嫌が悪い時がある。
キツイ言い方はしないが顔が不機嫌そう」

「世話人Dさんは忘れ物が多い。
ホームに私物を忘れることが数回あった」

「世話人Eさんは調理が遅い。
いつも提供時間ギリギリになっている」

利用者さんの話をきくと、
世話人の仕事ぶりについて、
いろいろな見方が出てきます。

スタッフ(世話人)は
お金をもらって働いている以上、
プロとして仕事をしないといけない。

“○○がルール”と
把握している利用者さんからすれば、
“できていない”一面をよく見つけて、覚えています。

それって1年前の出来事だよな…ということも。

世話人のミスを忘れないんですよね。

だから世話人は気を抜けない。

あの人は仕事ができないというレッテルを
貼られてしまいますから。

世話人には当然プロとしての仕事を求めます。

一方で利用者さんには、
「誰でもミスをすることがある」と
寛容さを持ってほしいと伝えています。

ミスをしない人はいません。

たった1回のミスをずっと覚えて、
世話人にそれを嫌味のように言うことは、
相手は気持ちが良くない。

「あなたもミスをすることはあるよね?」

と理解をしてもらわないといけない。

そういうことに気づけないと、
職場でも同じように、
「〇〇さんがミスをした」と言ってしまいます。

そして職場の中で人間関係トラブルに
発展することもあります。

誰しも“自分に甘く、他人に厳しく”なりがちです。

ミスは望ましくないことですが、
“お互い様の精神”を持っていただけたらと思います。