運営・経営

『誰しも自分に甘く、他人に厳しい』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『誰しも自分に甘く、他人に厳しい』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

私達が想像している以上に、
利用者さんは世話人の仕事ぶりを
よく見ていたりします。

「世話人Aさんは、
ハンバークを焦がしたことがある。
しかも味が薄い」

「世話人Bさんは、トイレ掃除が雑。
他のスタッフに比べると
掃除が行き届いていない」

「世話人Cさんは週明け出勤日には
機嫌が悪い時がある。
キツイ言い方はしないが顔が不機嫌そう」

「世話人Dさんは忘れ物が多い。
ホームに私物を忘れることが数回あった」

「世話人Eさんは調理が遅い。
いつも提供時間ギリギリになっている」

利用者さんの話をきくと、
世話人の仕事ぶりについて、
いろいろな見方が出てきます。

スタッフ(世話人)は
お金をもらって働いている以上、
プロとして仕事をしないといけない。

“○○がルール”と
把握している利用者さんからすれば、
“できていない”一面をよく見つけて、覚えています。

それって1年前の出来事だよな…ということも。

世話人のミスを忘れないんですよね。

だから世話人は気を抜けない。

あの人は仕事ができないというレッテルを
貼られてしまいますから。

世話人には当然プロとしての仕事を求めます。

一方で利用者さんには、
「誰でもミスをすることがある」と
寛容さを持ってほしいと伝えています。

ミスをしない人はいません。

たった1回のミスをずっと覚えて、
世話人にそれを嫌味のように言うことは、
相手は気持ちが良くない。

「あなたもミスをすることはあるよね?」

と理解をしてもらわないといけない。

そういうことに気づけないと、
職場でも同じように、
「〇〇さんがミスをした」と言ってしまいます。

そして職場の中で人間関係トラブルに
発展することもあります。

誰しも“自分に甘く、他人に厳しく”なりがちです。

ミスは望ましくないことですが、
“お互い様の精神”を持っていただけたらと思います。

『伊那食品工業から学ぶ年輪経営 NO.3』

こんにちは。
グループホームHARAUの松本です。

伊那食品工業の塚越英弘社長と対談させていただきました。

伊那食品工業様には『利益ウンチ論』
という考え方があります。

この話を始めて聞いたときは衝撃でした。

塚越社長はこんなふうにおっしゃっています。

「販促費や人件費など
必要な経費を差し引いて最終的に残った数字が利益。

つまり利益とはウンチである。

 皆さんはウンチをこれくらいだそうとか
 予め目標を立てることをしますか?

 でも多くの企業は利益=ウンチをどれくらい出すと
 目標を立てている。

 健康な体にさえなれば、
 自然と出てくるものがウンチのはず。
 
 ウンチの量を目標にする。おかしくないですか?

 健康なウンチが出てくる体質を作ることを
 目標するべきです

事実、伊那食品工業には
会社からトップダウンで降りてくる数値目標はない。

営業会議でも数値の話はない。

他社で見られる、営業会議内での
目標未達者への吊し上げもない。

何年後に売上をいくらにするといった経営計画もない。

それでも増収増益を続けているのだ。

このような事実を目の当たりにすると
私たちが常識だと信じてきた経営手法は、
資本主義の渦中で毒された考えなのかもしれない。

私はどうか?

ウンチを目標にしてしまうことがしばしば。

まだ道半ばの未熟者です。

『金銭管理は性弱説で』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『金銭管理は性弱説で』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

私が新卒時代、お世話になった京セラ。

創始者の稲盛和夫氏は次のような言葉を残しています。

「人の心とは移ろいやすいものだが、
 ひとたび固い絆で結ばれると、これほど強いものではない」

人の心には2面性(正と負)がありますね。

よくマンガの世界で、
天使と悪魔が出てきて、主人公に囁くシーンがあります。
あのようなことが心のなかで起きています。

目の前に誘惑があると良心と葛藤します。

グループホームでいえば、
利用者のお金を預かることや
ホームのお金を一部のスタッフが管理することになります。

当然ながら不正が行われないために、
別の人間の目で、ダブルチェック、トリプルチェックをかける。

当人からすれば気持ちのよいものではありません。
信頼されていない?と受け取るかもしれません。

私は京セラ時代に上司から

「人の心は弱い。
 だから不正を起こさせないための仕組みが必要だ。
 仕組みが結果、スタッフを守ることになる」

と言われたことがあります。

コンサルタントとして、いろんな会社を見ていると、
嘘ではなく本当にお金を使ってしまって
解雇になってるスタッフが多い。

特に現金商売だと何十枚、
何百枚の1万円札を数える。

最初は100円くらいなら…という
気持ちだったのかもしれません。

どんどんエスカレートしていき、
感覚が麻痺していく。

友人と一緒にした起業して、
信頼していた友人に現金を持ち逃げされたという話も
よく聞きますね。

愛社精神を持っている人。
部下から信頼を集めている人。
顧客から支持を集めている人。

こんな理想的な人でも現金を目の前にすると
悪魔の囁きに勝てない。

人間の心は生まれながらにして弱いという「性弱説」。

お金に関しては「性弱説」で仕組みやルールを
整備したほうがいいでしょう。

 

お金に関して言えば、
信頼しているからルールや仕組みがいらないのではなく、
信頼している仲間を失わない、守るために
ルールや仕組みが必要だと思います。

『法人格の違い』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『法人格の違い』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

グループホームを見学に来られたご両親から、
法人格についての違いを聞かれることがあります。

概ね3つに集約されるかと思います。

・社会福祉法人
・NPO法人
・株式会社

社会福祉法人は一般的に福祉のイメージに馴染むようで、
「なんとなく安心」と感じるようです。

たしかに税制上の恩恵はあるようです。
社福になりたいと思ってなれるものでもない。

事件・事故のニュースが流れた時に、
「社会福祉法人○○」と出てきますね。

「社福だから安心」というのは早計。
運営の質を現地で確認されたほうがよいかと思います。

NPO法人と株式会社の違いはほとんどありません。

株式会社が事業部を分けて、
NPO法人を作ろうと思えば作れてしまいます。

なんとなく「NPO」と入っていると
利益を追求しない慈善団体というイメージなのでしょう。

NPOとはいえ一定の利益が残らないと
事業を継続することは困難です。

一部の経営者は、

「福祉=慈善事業だから、
 待遇は良くなくても仕方がない」

と考えている方もいます。

スタッフに我慢を強いるのもいかがなものか…。

私も株式会社のままでいくか、
NPO法人として申請するか迷いました。

まだ株式会社で運営している数が少ないこと。

もう一つはこれからの時代、
福祉も事業として成り立たせないと倒産する。

そのような理由から、NPO法人を作らず
株式会社で運営することにしました。

上記で書いているとおり、
法人格によってあまり違いはありません。

現地を見学し、判断されてください。

『義務感や常識で動かそうとしない』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『義務感や常識で動かそうとしない』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

知的障害者向けのグループホームを運営する管理者と
意見交換を行ったときの話です。

1年間休まずに就労先へ通うことができれば理想。
ただし現実はなかなかそうともいかない。

一度リズムが崩れてなかなか職場に足が向かないと
いうことも起きます。

おそらくホーム側としてはあれこれ、
いろいろな知恵を絞って気持ちよく職場に
送り出せるように工夫しています。

ただ「体調が悪い」と言われてしまえば、
なかなか強く勧めることもできません。

病院に行っても、

「心配する必要はないですね。
 しばらく休んで様子を見てください」

と言われて一般的な処方箋を出される。

医者に「しばらく休んで」と言われれば、
そのとおりにせざるを得ない。

勝手な判断をしない運営者が多いかと思います。

これが習慣になってしまい、
2日出勤して1週間休む、
また2日出勤して1週間休む、
といったことが起きることもある。

すると運営者側も心の中では焦りが出てきます。

利用者の立場に立った支援が必要だ
と分かっていながらも、
このまま負のループから
抜け出せなくなったらどうしよう…と。

そうすると無意識にうちに
「コントロール願望」が働いてしまうんですね。

以前あるクリニックの先生に
言われたことがあります。

「通常、皆さんが出勤する動機になっている
 “義務感”や“常識”。
 利用者はこれで動くとは限らない。
 理性よりも本能が優る。
 理性でいくら訴えても、なかなか伝わらないでしょう」

焦りが出てくると、

「〇〇するのが世間の常識」
「〇〇しないと生活ができない」
「〇〇するのが当たり前なのに、なぜやらないのか」

と利用者を見てしまう。

一度物差しができると物差し通りにいかない時に、
人は怒りの感情が芽生えてしまう。

「義務感」や「常識」で動かそうとしていたら、
「コントロール願望」が強くなっていると自覚しないといけませんね。