障害一般

『ごちゃまぜだから上手くいく PART1』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『ごちゃまぜだから上手くいく PART1』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

2020年2月に石川県にある佛子園様を
訪問させていただきました。

様々なメディアで取り上げれられているので
ご存じの方も多いかと思います。

「ごちゃまぜだから上手くいく」

というのが雄谷理事長の考え方です。

「ダイバーシティとか、インクルージョンとか。
 そういった言葉が近年使われますが、
 ピンと来ないんですよね」

とおっしゃっていました。

実は私も同じ感覚です。

カタカナしてカッコよいイメージを作り出しているだけで、
本質をボカしている気がします。

雄谷理事長はお寺で生まれています。

そのお寺は、戦災孤児などをお預かりしていたそうです。

障害をお持ちの方も当時たくさんいたそうで、
30人近くの方が一緒に住んでいた。

「自分は赤ちゃんの頃、
 その障害者さんに抱っこして育ててもらった」

と言います。

生まれた瞬間から色んな人に囲まれて育った。
それが日常の環境でした。

そしてその環境は、
「心地よかった」と言います。

まさにごちゃまぜ状態。

資本主義のベースとなる考えは効率化。
効率化をしようと「区分け」が始まる。

それはビジネス領域だけでなく生活圏も同様。
区分けをする。

誰かの物差しで区分けをして、
一箇所に生活を集約していく。

そういった現代の流れは止められないかもしれない。

一つ気になることは、
区分けをして、効率化をして、
はたしてヒトは幸せになったのか?
ヒトは豊かになったのか?

私が雄谷理事長と話している本社には、
色んなヒトがそこにはいました。

職員がいたり、学生がいたり、
地域の親子づれがいたり、障害者がいたり、
高齢者がい、温泉やジムに通う地域の人がいたり…。

色んな人がそこにいたわけですが、
私も“心地よかった”んですよね。

同じようなヒトを同じような場所に集めるのは
効率的ではあるが、不自然なこと。

もともと人間は「ごちゃまぜ」の中に生きることが
自然で豊かになれる気がします。

『障害者の賃金を上げるには?』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『障害者の賃金を上げるには?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

とあるB型作業所へ見学に行ってきました。
ここではS社とします。

S社では利用者さんへ平均賃金4.5万/月程度を
お支払いしていると聞いたので。

最新データはわかりませんが、
全国平均では2万~2.5万円/月くらいではないかと思います。

どうやって障害者さんの賃金をあげていくか、
社会課題の一つであります。

S社で働く利用者さんは、
多くの方がキビキビ働いていました。

特殊加工された印刷物の梱包作業なので、
少し難易度が高いそうです。

職員さんも少しでも生産性をあげようと
上手に段取りを組んでいました。

何か特別に法律が変わらない限り、
B型作業所の賃金をあげていくには、

・少しでも付加価値の高い仕事を受託する
・少しでも生産性を上げて多くの仕事量をこなす

という2点しかないかなと思いました。

B型作業所も見方を変えれば企業。

企業も付加価値のある仕事を受託して、
生産性を上げて、仕事量をこなす。

そうしなければ社員給与は上がりません。

当たり前のことですが
B型作業所と企業の共通点を考えさせられました。

『近所の理解って何ですか?』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『近所の理解って何ですか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

不動産仲介の会社の方の感覚値では、
以前よりもグループホーム用途で既存物件を借りることが
難しくなっているとのことでした。

断られる割合が圧倒的に増えたとのことです。

グループホームを推進している東京都へも
苦情の電話が増えているとのことでした。

「勝手にうちの近所に障害者の住居を作るな」と。

そのため以前にも増して、

「近所の理解は得られているのか?」と確認を受けます。

近所ってどこまでを指しているのか?

理解といわれても、一人でもNOと言われたら
説得しないといけないのか?

近所トラブルで開設が6ヶ月も延期されたり、
中止になった例も過去あります。

相変わらず福祉は大事な事業ではあるが
うちの近所ではやるな!という発想は根強いですね。

多様性ある社会って、
いつになったら実現できるのでしょう…。

偏見や過去のイメージで福祉を見ている人は、
実際の姿を見てほしいなと思います。

『ヘルプカードのトラブル』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『ヘルプカードのトラブル』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者向けグループホームを運営する松本です。

電車やバスを利用していて、
ヘルプカードをつけている方を見かけるようになりました。

もともとの目的は、外見から分からなくても
援助や配慮を必要としている方々が、
周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、
援助を得やすくするためです。

ヘルプカードの取得はそんなに難しくないそうで、
簡単に手に入る自治体もあるそうです。

ですので悪用されてしまうケースもあると聞きます。

こんな記事が先日出ていました。

→https://news.livedoor.com/article/detail/17075933/

「このカードが見えねぇのかよ!」と怒鳴る男性の声。
おそらく私もそこにいたらビックリするでしょう。

この男性がどういった人物なのかは、
接点がないので詳細のコメントはできません。

ただこういった記事を見ることで、
少数の方の行為により、
イメージが悪くなることは避けられません。

彼は、

「ヘルプカードを自分を持っている。
なぜ席を譲らないんだ」

と思って、感情的になったのかもしれません。

しかし正確に言えば、
席を譲らないといけないというルールはありません。

意図していることは「配慮」の推奨です。
席をゆずるというのは選択肢の一つなのです。

ヘルプカードを使って加害者になってしまう。
こういったケースが増えないことを願いたいと思います。

“お互いに様”の精神を忘れずに。

『発達障害を告白する著名人』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■間違いだらけの「障害」と「グループホーム」■
『発達障害を告白する著名人』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
大田区で障害者向けグループホームを運営する松本です。

著名人の方で発達障害を告白されている方が、
国内・国外、いろいろな方がいます。

・黒柳さんはADHD、計算障害、読書障害

・勝間さんはADHD

・スーザン・ボイルさんはアスペルガー症候群

・ブリトニー・スピアーズさんはADHD

・パリス・ヒルトンさんはADHD

・トム・クルーズさんは学習障害

他にもエジソンやアインシュタイン、モーツアルトも
該当するという説もあります。

発達障害のプラス面に光を当てる意味があるのでしょう。

上のような著名人の名前を出して、

「発達障害は実は可能性に満ちている」

と言っている書籍や記事も見られます。

これは発達障害を持っている本人たちからすれば
いい迷惑だという話を聞きました。

「なぜ1人/1000人くらいの特殊な才能を持った人を
 例に出して、発達障害者のバーを上げるのだろうか…」

なるほどな…と思いました。

稀有な人に注目するのか、大多数の人に注目するか。

発達障害を持った人の中でも
多様性があると思っていないと危険ですね。